賃貸オフィスとレンタルオフィス?賃貸に向いているのはどんな会社?


賃貸オフィスとレンタルオフィス、何が違う?

近年は手軽に借りれるレンタルオフィスが急速に広まり、一般的な賃貸オフィスとどちらが良いか検討される企業も増えているようですね。名前からは違いが分かりにくいので、ポイントを絞って比較してみます。まず一つ目は入居時の費用です。賃貸オフィスの初期費用は保証金が家賃の6カ月~12カ月分の物件が多く、かなりの金額が発生します。また前家賃や保証会社保証料等の諸費用や、家具や通信関連等、オフィスの稼働に必要なもをすべて合わせて計算する必要があります。

一方でレンタルオフィスの初期費用は入会金1カ月~2カ月分程度の物件が多く、家具や通信については据え付けであることも多いです。初期費用については、レンタルオフィスのほうが格段に安く済むので、とにかく初期費用を抑えたいということであればこちらが向いています。家賃ですが、坪単価は賃貸オフィスのほうが格段に安いです。レンタルオフィスは数名程度の少人数に適したサイズの物件が多いため、坪単価で計算すると割高になる物件が多くみられます。

次に内装についてですが、レンタルオフィスでは家具が備え付けの物件が多く、とにかくすぐにでも事業に取り掛かりたい!という方にはこちらがオススメです。一方賃貸オフィスでは家具や備品、さらには応接室や会議室の内装工事もすべて手配することになります。時間や費用はかかりますが、その分オリジナリティあふれたオフィスにデザインすることができます。

賃貸オフィスが向いている企業

賃貸オフィスは初期費用が高く、稼働するため準備の必要があるので、まずこの支出と時間をかけることが可能な企業が対象になってきます。同じ家賃だとレンタルオフィスより賃貸のほうがかなり広い面積を確保できるので、人数や什器が多い、もしくはこれから増える見込みの企業には賃貸オフィスのほうが向いているといえます。内装については賃貸オフィスなら元々が何も備わっていない分、家具や備品、間取り、装飾のすべてを自由にアレンジすることが可能です。会社が成長し、スタッフ数も増え、企業イメージに見合ったオフィスを構えたいと考えている企業には賃貸オフィスが向いていると言えるでしょう。

一方で初期費用が格段に安い、家具も備わっているレンタルオフィスは、とにかくワークスペースが必要!今すぐ事業を始めたいというスタートアップ企業や、オフィスに沢山のスタッフが常駐する必要のない事業形態に向いているでしょう。まずは事業立ち上げ時に小規模レンタルオフィスを使い、成長と共に賃貸オフィスに引っ越すというのも、今の時代の賢いオフィスの借り方の一つであると思います。

中央区で賃貸オフィスはメリットがあります。公共交通機関が利用しやすいので、移動に便利だからです。飲食店も周囲に集まっていて、食事面も安心です。