収納を意識しよう!注文住宅設計におけるポイントとは?


注文住宅では収納の意識が肝心

注文住宅を設計するときにはリビングを広くしよう、皆で料理ができるようなキッチンにしよう、寝室を広くしてそれぞれが楽しめるようにしようと考える傾向があります。それが原因でトイレや風呂が狭くなってしまって悩みになるということも知られるようになり、意識してスペースを広めに確保する人も多くなってきました。ただ、まだ意識が欠けていることが多いのが収納です。注文住宅を設計するときには収納をどうするかをよく考えておくことが重要になるので最初から念頭に置いておきましょう。

収納が重要になるのは住みやすさと費用の両方に大きな影響を及ぼすからです。例えば、トイレに収納がないと洗面所などにトイレットペーパーやクリーナーなどを置いておき、足りなくなったり、掃除をしたりするときには取りに行かなければなりません。寝室の収納が不足しているとタンスを買って衣類を入れられるようにしなければならず、部屋が狭くなる上にタンスの購入費用がかかってしまいます。このようなときにトイレに吊り棚などの収納を用意しておいたり、寝室にクローゼットを作りつけにしておいたりすれば問題が起こりません。設計次第で快適にしつつ無駄な費用をかけずに済むのは明らかでしょう。

収納は使い手が考えるのが重要

収納について意識が必要だということがわかっても、どこにどのくらいの収納があれば良いのかがわからないという場合もあります。最も重要なのはその収納を使う人が大きさや場所を考えることです。例えば、トイレの収納なら掃除をする人が考えるのが最も重要で、掃除に使う用具やクリーナーなどを収納するのにどのくらいの大きさがあれば良いかを考えて決めれば良いでしょう。その際に他に保管しておくべきものがあるかも考慮し、トイレットペーパーをどのくらい置いておくかを決めて最終的な大きさを決めるというのが完璧な段取りです。寝室の収納ならそれぞれの部屋の主がどのくらい衣類や布団などが必要かを考えて決めるということになります。

とりあえず収納を広くしておこうという考えは一長一短です。確かに生活しているとものが増えていくので収納は広めにしておくに越したことはありません。ただ、広くすればそれだけ部屋を狭くしなければならないのも事実です。いらないものを一時保管できるような収納を無駄になってしまうスペースを見つけて作るようにすると効果的です。床下や階段下、屋根裏などを上手に使ってプラスアルファの収納を用意するようにしましょう。

名古屋の注文住宅業者はたくさんありますが、地域柄お金がかなりかかる場合も多いです。そんな時はローコスト住宅にも対応してくれるハウスメーカーもありますので、検討する価値があります。