注文住宅のいいところって?大きなポイントは2つ

1こだわりのスペースやインテリアを実現できる

注文住宅のよいところは、様々なこだわりのポイントを実現することができるところです。例えば、お父さんの趣味がアウトドアでしたら、ガレージを広めにとって、アウトドアグッズをお手入れしたり、並べたりするスペースをとることができます。建売住宅はほぼ車1台分のスペースがついているところが多いので、そこで何か趣味をするといったスペースはほぼありません。机に向かって、仕事するのが趣味のお父さんなら小さくても書斎スペースが欲しいところでしょう。また災害に備えるのが第一と考えるお宅では、防災グッズを収納するスペースだったり、食品庫といったパントリーを備え付けたいという希望もあるでしょう。インテリアにこだわりたい方なら、北欧風、フレンチ風、ブルックリン風など家全体を好みのインテリアのテイストにすることもできます。そういったそれぞれのこだわりを叶えられるのがポイントの一つです。

2見た目がオシャレな唯一のマイホーム

一生住むと決めた家は見た目がやっぱり気になるところです。注文住宅と建売住宅では、見た目が全く違います。注文住宅は、外壁などからじっくりメーカーと話し合って決めることが可能ですから、こだわりがそのまま外観にでるのです。そのためお隣のお宅と全く同じデザインということがないので、世界で唯一のマイホームといえます。また土台の土地選びから、じっくり相談できます。どこまでこだわるかもメーカーと相談できますので、こだわりを絞ることがポイントになります。そのためにじっくりと自分にあう住宅メーカーを探してみましょう。

注文住宅は好きなメーカーが決まったとしても住みたい土地に建てられない場合があります。事前確認が重要です。