在宅勤務しやすい間取りの注文住宅って!?


増えています!在宅勤務

働き方の多様化がすすみ、コロナウィルスの影響もあって、最近お仕事が在宅勤務・テレワークになった方も多いのではないでしょうか。自宅でお仕事をするなんて、通勤が無くて楽だろうと思ったのに、いざやってみると、考えもしなかったようなトラブルが起こることも…。子どもの暴れる声がウェブ会議中に響き渡ったり、集合住宅では、回線が遅くなってしまったり、公私の区別がつかなくなることもあります。これから、注文住宅を建てる方は、在宅勤務のことも念頭に置いて、間取りを決めるのはいかがでしょうか。

集中したい方はやっぱり個室!

憧れの書斎を持ちたい。そんな夢を描いている方は、これからも在宅勤務が増えることが予想されるので、是非検討してみてはいかがでしょうか。個室なら、生活感まるだしのリビングがパソコンに写ってしまうことや、家族の生活音が入ることも防げて、お仕事に集中することが出来ますよね。デメリットは、スペースがそれなりに必要なことと、費用がかかることです。

専用のコーナーをつくることも

個室を作るのはハードルが高い方や、お子様の様子を見ながらお仕事をしたい方には、お仕事用コーナーを作ることがおすすめ。注文住宅の間取りを考えるときから、在宅勤務のことを考え、例えばリビングの一角や、廊下の一部などにデスクを置けるスペースを作れば、お仕事コーナーとして有効活用することができます。ロールカーテンを設置したり、間仕切りを作ることで、視線を遮ることもできます。こちらは、お仕事に集中できない時もあるのがデメリットですが、簡単に作ることが出来ます。

横浜の注文住宅は、その街の雰囲気に合ったスタイリッシュなデザインを選ぶ人が多いです。業者とよく相談することで、理想の住宅を建てることができます。